災害対策関連

2022年5月25日

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策措置の見直しについて【外務省・厚生労働省】

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策措置の見直しについて

 

 平素より、当所諸活動にご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 このたび政府から、6月以降の新型コロナウイルス感染症に関する水際対策措置の見直しの内容が公表されました。

 オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性等を踏まえ、各国・地域からの新型コロナウイルス感染症の流入リスクを総合的に勘案して、国・地域を「赤」「黄」「青」の3つに区分し、入国時検査及び入国後待機期間の見直しが行われます。

 今般、政府より当所に対して周知依頼がございましたので、商工会議所会員事業所におかれましては、以下政府発表の参考情報をご参照いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

 

【参考情報】

新たな水際対策措置(一部の国・地域からの入国者に対する入国時検査の免除等)

 

【お問い合わせ先】

○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

 日本国内から:0120-565-653

 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

 

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)

 電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

 

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション

 電話:0570-011000

 (ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)

 一部のIP 電話からは、03-5363-3013

 

○経済産業省 通商政策局 総務課 水際対策チーム

 電話:03-3501-5925(直通)